最低限のマナーは守る|ロングなキャバドレスで楽しくおしゃれ|華やかになれる衣装を着よう

ロングなキャバドレスで楽しくおしゃれ|華やかになれる衣装を着よう

最低限のマナーは守る

レディ

結婚式という大切な場では、様々なマナーやルールがあります。それを守らないと、多くの人に迷惑をかけてしまったり、恥ずかしい思いをしたりする可能性があります。それを回避するために、最低限の知識は身につけておくべきです。悩むポイントとして多いのが服装です。結婚式ではドレスコードをするのが、マナーとなっています。オシャレにドレスコードをするのも良いのですが、結婚式では避けたい服装のルール、マナーもあるので知っておいた方が良いでしょう。女性が結婚式で避けたい服装は、白系のドレスです。なぜ白系のドレスがいけないのかというと、白というのは主役の花嫁の特権だからです。ゲストが白系のドレスを着用してしまうと、自分が恥をかくだけでは無く、花嫁や花婿に迷惑をかけてしまいます。また、冬のファッションとして人気が高いファー素材の服装も避ける必要があります。毛皮や革素材は、動物の皮から作られている物なので、殺生をイメージさせてしまい結婚式にはふさわしくないからです。ただ、最近ではカジュアルな結婚式も増えてきているので、そのような場所ではそれほど気にする心配がありませんが、結婚式では無難な服装を選んだ方が良いでしょう。

結婚式での服装のルールやマナーがあるのは、女性だけではありません。もちろん男性も服装に関するルールやマナーはあります。基本的に、男性も女性もゲストとして参列する場合は、新郎新婦よりも控えめな服装にする必要があります。結婚式というのは新郎新婦の晴れ舞台ですから、それを遮らないようにするためにも落ち着いた着こなしが良いのです。男性の場合は、黒やグレーなどのシックな色合いの礼服にするのがマナーとなっています。格式高い場ですから、カラータキシードや、ビジネススーツはふさわしくないので、避ける必要があります。